ボートレース場

ボートレース児島の特徴

ボートレース児島

ボートレース児島の特徴

今回紹介するのはボートレース児島になります。ボートレース児島は岡山県倉敷市児島にあるボートレース場となります。

中国・四国地方にある競艇場では共通していますが、瀬戸内海に面しておりボートレース丸亀とはかなり近く、瀬戸内海を挟んだ反対側に位置しています。水質は当然ながら海水です。

瀬戸内海に面している競艇場では共通して潮の満ち引きによる水位の変化が大きく、当然予想の際には参考にするべきでしょう。

また、児島は競走水面の広さも特徴の一つで、全国の競艇場の中でも屈指の広さを誇ります。

干満差はあるものの、風の影響は少ない

ボートレース児島は瀬戸内海に面しておりボートレース丸亀と距離が近いですが、丸亀と違って風の影響はあまり受けません

立地的に無風状態となる事は少ないながら、近くにそびえる鷲羽山によって強い風は遮られる事から緩やかな風がほとんどで、強風によりレースが荒れるという事はあまり無いようです。

ちなみに、丸亀と瀬戸内海を挟んで正反対の位置にある事から風向き的には丸亀と逆方向になります。

前述した通り風の影響を考えるよりは干潮時と満潮時の水位の差を考慮した方が的中に直結するはずです。

干潮時は水面が穏やかでスピード戦になりやすく、まくりやまくり差しが決まりやすくなりセンターやアウト勢にチャンスが、逆に満潮時にはうねりが出る事からまくりが決まりにくくなりインが有利になります。

児島の場合は堤防を見れば満潮なのか干潮なのかは一目瞭然との事ですが、多くの人が利用しているであるインターネットで中継では確認しにくい、という場合はボートレース児島公式サイトの潮汐表をチェックして、潮位を確認しましょう。

1コースからの勝率が高く、他は平均的

ボートレース児島は1コースからの勝率が高いボートレース場となっており、2019年のデータによればその勝率は56.7%と高めの水準となっています。

2~6コースからの勝率に関しては、中間あたりかやや下位という位置となっていますので、相対的に1コースからの勝率は数値以上に高く感じるかもしれません。

この1コースからの勝率を押し上げている要因の一つは児島の企画番組にあります。児島には企画レースが4レース行われますが、日替わりで選手が配置される5Rの「日替わり艇食」を除く3つレースが1号艇有利な企画となっているようです。

ボートレース児島まとめ

ボートレース児島についての特徴をまとめると、基本的にはインが強めの競艇場で、特に満潮時にはインの勝率が更に高くなる事、干潮時にはスピード戦になる事からセンターやアウトにチャンスがある事、風の影響は少ない事などが挙げられます。

また、児島のモーターはなぜか性能差が大きく、好調機と不調機に大きな差が見られる場合がありますので、複勝率などのチェックも重要になります。有力なA1選手が不調機を引いてしまうと凡走してしまい結果高配当が!という展開も見られます。

さらに、児島の水質は他と比べて海水の成分が濃い(?)とも言われており、レーサーの体重差が結果に直結しにくいとの事です。

ボートレース児島は岡山支部のボートレース場です。岡山支部出身レーサーとしては過去に北原友次や黒明良光などレジェンド級を多く輩出しています。現在の岡山支部のエース格は吉田拡郎選手や茅原悠紀選手などとなっています。

岡山支部は若手の育成にも力を入れており、基本をしっかりと叩き込む事から正統派のレーサーが多くなっていますが、中には奇抜なレースを行う個性的なレーサーも。特にエース格の茅原選手は個性的なレーサーの一人と言えそうです。

にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競艇へ