ボートレース場

ボートレース唐津の特徴

ボートレース唐津

ボートレース唐津の特徴

今回紹介するのはボートレース唐津の特徴についてです。ボートレース唐津は佐賀県唐津市にあるボートレース場となります。

ボートレース唐津はプール型のボートレース場で、水質は淡水となります。唐津といえば水面が広い事が特徴の一つで、全国的に見てもトップクラスの面積となっています。

その広さ故に、艇と艇の間隔が広くなり、全速で回るスピード戦になる事から「まくり差し」の決まり手が多く出現する事になります。

ピットから2マークまでの距離は日本で最大の178メートルもあり、ピット離れで進入が変わる事もしばしばです。

強い追い風が吹きスタートが難しい競艇場

ボートレースを予想する際に重要な風向きや風速ですが、唐津もやはり特徴的です。通常、夏と冬では風向きの傾向が変わる、というか逆方向になるのが普通ですが、唐津に関しては年間を通して追い風となる事が多くなっています。

あまり強くない追い風はインコースにとってはプラスに働きますが、風速が強くなればスタートタイミングも難しくなり、1マークで流れやすくなるなど逆にインコースに不利に働きますので、しっかり覚えておきましょう。

強い追い風ではインコース不利となりますが、不利になるコースがあれば有利になるコースもあり風速4m以上の追い風の時は2~5コースの勝率がアップするデータもありますので、狙い目としてはわかりやすいかもしれません。

1コースからの勝率はやや低め、2コースからの勝率は高め

1年を通して追い風傾向の唐津では、1コースからの勝率は全国的に見てもやや低めの傾向にあります。

反面、追い風が吹くと勝率があがる2コースの勝率、連対率はやや高めとなっています。

風の影響を非常に受けやすいボートレース唐津ですが、逆に言えば風の影響以外の不確定要素が少なく、競争水面の広さも相まって無風状態であればどのレ―サーも安定した走りが出来るという事になります。

風速や風向きさえしっかりチェックしておけば、比較的予想がしやすい競艇場と言えるかもしれません。

ボートレース唐津のまとめ

ボートレース唐津の特徴をまとめると、全国屈指の広さの淡水プールである事、ピットから2マークまでの距離が最も長くピット離れが重要になる事、風の影響が大きく風向き風速でレース展開が変わる事、スタートタイミングが難しい事、などとなります。

スタートタイミングはボートレースにおいてかなり重要な要素となりますので、スタート勘の良い選手や地元選手は積極的に狙って行きたいですね。

ボートレース唐津は佐賀支部のボートレース場で、その佐賀支部のエース格選手は深川真二選手や峰竜太選手となります。特に峰選手は人気、実力共に現在のボート界でもトップクラスのレーサーとなりますので、峰選手の地元戦となれば優勝期待度は非常に高いと言えるでしょう。

実際、地元唐津での峰選手は優出回数39回、優勝回数は15回と圧倒的な成績を収めていますので、地元戦の信頼度は抜群です。

にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競艇へ