ボートレース場

ボートレース浜名湖の特徴

ボートレース浜名湖

ボートレース浜名湖の特徴

ボートレース浜名湖は静岡県湖西市新居町中之郷にあるボートレース場で、名前の通り浜名湖の中に作られています。

浜名湖は湖ですが、太平洋と繋がっているためその水質は淡水と海水がまじりあった「汽水」となっています。海とは繋がっているとはいえ水門でしっかりと遮断されているために潮の流れに影響される事もなく、乗りやすい水面として有名です。

また、広さの面でも全国でトップクラスという事でその乗りやすさに拍車をかけているようです。

乗りやすいが故にスピード勝負に

苦手な競艇場を選手たちに聞いてもこの浜名湖を挙げる選手はほぼ居ないと言われるほどとにかく「乗りやすい」ボートレース浜名湖。それだけに全速勝負になりやすいと言えます。

浜名湖は1コースからの勝率がそこまで高くはありませんが、これは1コースが難しいというよりはセンター勢が優勢な事で相対的に勝率が下がっているという事のようです。

実際、決まり手で見ても逃げの出現率は全国平均を下回っており、かわりに「まくり差し」の決まり手が多い傾向のようです。

まくり差しの決まり手が多くなる要因としては、やはり広い水面なだけに思い切った攻めが可能という事があるようです。

季節により勝率が大きく変わる

また、浜名湖のもう一つの特徴としては季節によって1コースからの勝率が大きく変わるという点です。

夏場と冬場では1コースからの勝率が10%以上も違い、かなり極端と言えます。ちなみに夏場の方が勝率が低く、冬場になると勝率が上がります。

この極端な勝率の変化の原因は風。浜名湖は水門のお陰で潮の影響は受けないものの、風の影響はもろに受けてしまう競艇場となります。

その風は夏場は向かい風、冬場は追い風になる事が勝率の違いを生んでおり、浜名湖の予想をする時には風向きと風の強さのチェックは必須になると言っても良さそうです。

ボートレース浜名湖まとめ

総合するとボートレース浜名湖の予想については季節によっては1コースを軸に考えるか、思い切って外すかの判断が重要となります。

1コースからの勝率が高い冬場では1コースを中心に、勝率の下がる夏場は2コースから買うなど、季節に合わせた予想をする必要がありそうです。

まくり差しの決まり手が多いという特徴から、4枠に強力な選手が入った場合はそこを中心に予想を組み立てるのも有効な手立ての一つとなります。

極端に予想が難しいタイプの水面だとは言えないものの、その走りやすさから2~5コースによる様々な決まり手が生まれるので、堅いと思ったレースで大逆転、という事も起こりやすいとも言えるでしょう。

にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競艇へ