ボートレース場

ボートレース福岡の特徴

ボートレース福岡

ボートレース福岡の特徴

今回はボートレース福岡の紹介となります。ボートレース福岡は福岡県福岡市にあるボートレース場です。そのまんまですね。

ボートレース場はその特性上郊外にある事も多いですが、ボートレース福岡は繁華街に近い場所にあるため遊びに行きやすいのも特徴の一つです。

位置的には那珂川の河口に作られているため、水質は海水と淡水が混じり合った汽水となっています。

航空写真などで確認するとわかりやすいのですが、全体で見ると1マーク側だけが河口にはみ出しているというかなり独特の水面レイアウトとなっており、そのため満潮時には那珂川の流れと博多湾からの上がる海水がぶつかり特有のうねりが発生する事になります。

この独特の「うねり」はレースに大きな影響を及ぼすようで、このうねりが発生している時としていない時ではガラリと状況が変わります。

うねりの有無は見抜くのが困難

ボートレース福岡の独特の水面レイアウトにより発生するうねりは、センターからアウトコースの艇にとってはまくりが失敗する要因となり、発生している間はインコースに有利とされています。

このうねりは目には見えないものですので、ベテランのレーサーであっても発生の有無を見極めるのは困難で、対策が難しくなっています。

ボートレース福岡としてもこのうねりの対策は専用の消波装置などで対策を施していますが、完全にうねりの発生を止める事は出来ていません

うねりは満潮時に発生すると前述しましたが、逆に引き潮の時にはうねりが発生しない事からいきなり静水面へと変貌し、まくりやまくり差しが決まりやすくなる事からセンターやアウトの選手にチャンスが出てくるきます、時間や気象により性質が大きく変化するので、その分予想の難しいボートレース場と言えるかもしれません。

条件に対してインコースからの勝率は低め

前述したセンターやアウトが不利となる独特のうねりの発生や、スタート時にレイアウトの関係上ダッシュ勢が速度を付けにくいなど、一見インコースに有利な事が多いように思えます。

しかし、実際のデータを見てみると福岡での1コースからの勝率は全国的に見ても下から数えた方が早いくらい勝率が低いです。

この要因の一つにはボートレース福岡の構造上の問題があり、ピットから小回り防止ブイまでの距離が短く、1コースの艇は助走距離を確保出来ず加速が足りないという事がよくあります。

また、第1ターンマークがスタンド側に寄っている事から先マイの難易度も上がってしまうという一面も。これら事からボートレース福岡ではインコースの勝率が低くなってしまっています。

ボートレース福岡のまとめ

ボートレース福岡についての特徴をまとめると、独特のうねりや気象条件によりアウトコースに不利な事、構造上の関係でインコースにも不利な事、満潮で水面が荒れ、干潮で静水面となる事、海沿いでもある事から強い風が吹きレースに影響を与える事などとなります。

インコースもアウトコースも不利な分、2コースからと3コースからの勝率は全国的にも高めで、狙い目はこの辺りになるでしょうか。とはいえ、全体で見れば福岡は非常に走りにくい水面と言えそうです。

インコース受難の水面とはいえ、近年では勝率は上昇中の上、2着3着に入る率は基本的に高いですので、ヒモとしてしっかり押さえておきたい所です。

走りにくい水面となれば当然、少しでも走りなれている地元選手に注目したい所です。福岡支部はボートレース王国と呼ばれるほど豊富な人材が揃っていますので、地元のA1級レーサーにはぜひ注目してみましょう。

にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競艇へ