ボートレース場

ボートレースびわこの特徴

ボートレースびわこ

ボートレースびわこの特徴

今回はボートレースびわこの紹介となります。ボートレースびわこは滋賀県大津市にあるボートレース場で、その名の通り日本最大の湖である琵琶湖の南端に位置するボートレース場です。

湖のボートレース場という事でやはり水質は淡水で、海抜85mの位置にあるために気圧が下がり、モーターの出力が落ちるの特徴です。

自然の湖を利用している事から季節や開催日によっては水面に様々な変化が起きる事から、レーサーにとっては難しいボートレース場と言えるかもしれません。

以前はイン不遇の水面

ボートレースびわこは水位の変化や様々な方向から吹く風、観光船が発する波の影響などにより以前は1コースからの勝率が極めて低く、イン側の難易度は全国屈指で、低い時には1コースからの勝率が20%台の時期もあったとか。

現在は出力低減モーターの採用や1日に2回行われるシード戦の影響で1コースからの勝率は改善されたものの、それでも2019年の1コースからの勝率は48.0%と下から3番めの数値となっており、インが弱い事には変わりありません。

この数値もあくまで1年を通した数値であり、強い向かい風が吹いている時は当然、更に勝率は落ちる事になります。

天候によってはスピード水面に変化

これまで様々な条件でインコースが不利、という特徴を挙げてきましたが、そんなボートレースびわこのレースでも天候が良く波風もない日の場合はスピード水面に変化します。

ボートレースの予想には天候という要素が不可欠ですが、びわこは特にその天候による影響が大きいと言えるでしょう。

実際に日本最速レコ―ドが記録されているのがこの競艇場なのです。

という事で、インが弱いからと言ってアウト狙いばかりしていても当たらない、なんとも予想が難しい場所と言えそうです。

ボートレースびわこまとめ

インからの勝率が全国的に見ても低い事が最大の特徴となるボートレース上で、その分2~4コースからの勝率が高めで、レースが荒れやすい事から高配当狙いの出来る水面となります。

インコースの勝率が下がるのは強い向かい風の時はもちろん、追い風状態でもその標高の高さゆえのモーター出力の低下から勝利は結局下がる傾向にあります。余程インだけ強い選手が登場する、もしくは天候が非常に良い時以外はインを重視する必要はあまり無いかもしれません。

こんなボートレースをびわこをホームにしている選手たちは自然とスタート力に磨きをかける事になりますので、地元の選手にはスピード自慢、波巧者が多くなります。

ボートレースびわこは滋賀支部という事になりますが、ここに所属のエース格は守田俊介選手や遠藤エミ選手。難しい水面だけに地元勢が俄然有利となりますので、地元選手の動向もしっかりチェックする必要がありそうです。

にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競艇へ