ボートレース場

ボートレース芦屋の特徴

ボートレース芦屋

ボートレース芦屋の特徴

今回紹介するのはボートレース芦屋です。ボートレース芦屋は福岡県遠賀郡芦屋町大字芦屋にあるボートレース場となります。

芦屋では全国で初めてオール女子戦が行われたり、モーニングレースも最初に行われたりと初めての試みが行われる事が多い競艇場となっています。

モーニング戦は今となっては頻繁に行われていますが、元々は始まった年の夏季限定で行われる予定だったのですが、人気が高かった事から現在まで開催されています。

1コースからの勝率は全国トップクラス

ボートレース芦屋といえばインが強いという印象を持っているファンも多く、実際2019年のデータでは大村、徳山に続いて3位となっています。

インコースからの勝率が高いという事は水面特徴としてインコース有利な造りになっていたり、気象条件がダッシュ勢に厳しかったりしそうなイメージはありますが、芦屋の1コースからの勝率が高い最大の理由はその番組構成にあります。

芦屋の企画番組は全12レース中7レースと実に半数以上となっている上、そのほとんどが1号艇にA級レーサーが入ったり進入固定だったりします。

B級レーサーが1号艇に入るレースは3レースしかなく、かなり極端な番組構成といえます。

これだけ1号艇にA級レーサーが入るとなれば、当然の事ながらインコースからの勝率が上がる事になり、これが芦屋が「イン有利」である印象の最大の理由と言えそうです。

水面レイアウト的には1マークの入口周辺が狭く、出口周辺は広い造りになっている事から全コースにチャンスがあり、特別インコース有利であったりアウトコースが不利という事はありません。

水面的には1マークのバッグ側に葦が群生しており、この葦の存在が消波装置のや役割を果たしている事から基本的には静水面であり、レーサーによっては非常に走りやすく、前述のレイアウトの関係もあり全速戦になる事が多いようです。

静水面だが風の影響は受けやすい

ボートレース芦屋は静水面、と前述しましたが風の影響は受けやすいと言われています。風向きの傾向としては春は向かい風で、秋から冬にかけては追い風傾向となります。

特に冬季には季節風の影響で強い追い風が吹く事になり、その風速は5メートル以上になる事もあります。

風速が5メートル以上ともなればスタートが勘より早くなってしまい、スタートタイミングが難しくなります。

またその強い追い風となるとスタート直後の1マークで流れるケースが多くなり、インコースの勝率が下がるというデータもあります。

ボートレース芦屋のまとめ

ボートレース芦屋の特徴についてまとめると、特徴は全国屈指にインからの勝率が高いが番組の影響が大きい事、とはいえ実際に1号艇の勝率は高いので本命傾向である事、水面レイアウトの関係上全速戦になりやすい事、葦の群生により静水面である事、冬は風の影響でスタートが難しくなる事などです。

芦屋は若松、福岡と同じく福岡県の競艇場となりますので、福岡支部です。エース格と言われているレーサーは渡辺浩司選手、岡崎恭裕選手、篠崎元志選手、池永太選手、篠崎仁志選手、前田将太選手などとなっています。

このエース格レーサーのチョイスは公式サイトのものを引用していますが、芦屋に強い瓜生正義選手の名前が入っていないのはちょっと意外です。芦屋の瓜生選手は本当に強いですので、登場した時はしっかりと狙って行きましょう。

にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競艇へ