未分類

フナゾウの一般 餃子大好き大阪王将杯優勝予想!|尼崎

餃子大好き大阪王将杯
フナゾウ
フナゾウ

8月29日よりボートレース尼崎で開催される「餃子大好き大阪王将杯」。
SGV実績の選手も数名参戦の5日間シリーズ。夏の暑さを吹き飛ばしてくれそうな、爽快なレースに期待したい。

餃子大好き大阪王将杯の優勝候補は?

まずは実績断然の田中信一郎が堂々の主役を張る。

昨年のST事故の影響もあり、今年は4月からのスタート。復帰一発目となった若松ではきっちり優出。
6月にボートレース大村で開催された「G1開設68周年記念 海の王者決定戦」では、安定した成績を残して優勝戦まで進出。
コース遠く5着に敗れたが、安定感抜群の走りに衰えはない様子。最強のB1レーサーが、今年初Vを目指して純地元水面で暴れ回る。

松田祐季も優勝戦線に名乗り。

今年は2月の戸田、7月の江戸川で2回の優勝をマーク。
6月にボートレース宮島で開催された「SG第30回グランドチャンピオン」では、予選2勝をマークして突破。
準優勝戦でも3着に絡むなど健闘が光った。当地水面は2月に開催された「G1第63回近畿地区選手権競走」以来となる。
その時は予選敗退に終わっているだけに、今節は雪辱戦の意味も込めて“北陸のジャックナイフ”が牙を剥く。

勢いある宮地元輝の存在も侮れない。

今年は年明けから若松、芦屋でいきなりの連続優勝。
さらに5月の芦屋、7月のびわこ、前節の宮島でもV。今年は17節走って12優出、V5と絶好調と言っていいだろう。
10月にボートレース大村で開催される「SG第67回ボートレースダービー」では自身初となるSG出場も決めた。
勢いで言えば今節で一番。持ち前の強STと、変幻自在のコーナー戦で1着量産態勢を築く。

石田政吾も忘れてはならない。

今年は年明けの2節目に当地で行われた一般戦で今年初V。
3月の三国、4月の下関と、今年は3度の優勝を飾っている。
2節前に開催された当地の一般戦では、予選で6着を4本取るなど調整に苦しんだが、それでも予選突破は果たした。
当地は2001年にSG初制覇を成し遂げたメモリアル水面。思い入れある当地だからこそ、いつも以上に気合が入る。今節も頑張ってくれるはずだ。

最後に中岡正彦を挙げたい。

今年は年明けから優出ラッシュ。
2月に地元のボートレース丸亀で開催された「G1第63回 四国地区選手権競走」では尻上がりに調子を上げると、準優勝戦では4枠から捲り差しで突き抜けに成功。
3枠で登場した優勝戦でも見事な捲り差しを決めて、嬉しいG1初優勝を飾った。6月の宮島でもV。
近況はやや調子を落としているが、積極的コース取りと、攻撃レースで存分に見せ場。

予想担当:フナゾウ

舟遊記

その実力、天竺級。

舟遊記
的中実績

2020/11/30(月) 宮島9R→戸田9R 1,329,660円
2020/12/5(土) 平和島7R→平和島9R 852,720円
2020/12/9(水) 浜名湖9R→宮島11R 1,497,730円

公式ページ

にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競艇へ